フィトリフト オーロラuvミルク /パープルのUV下地 公式PHYTOLIFT

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /特徴や商品情報

 

フィトリフト オーロラUVミルク /特徴・商品情報

 

フィトリフト オーロラUVミルク って他のUVカット下地と何が違うの?どんな特徴があるの?などについて調べたので紹介しますね。

日焼け止め下地なんてどれも同じと思っている方も多いと思います。。。私もそうでしたが・・・(汗)

でも、フィトリフトのオーロラUVミルクが他のUV下地と全く違うのは、高い紫外線防止効果がありながら、オーロラカラーでくすみや血色感のなさを自然にカバーできるところなんです!

ファンデーションの前に、日焼け止め+コントロールカラー+ハイライト+コンシーラーなどなど、いろいろなアイテムをお肌に塗っていると、どうしてもファンデーションは崩れやすくなります。

そりゃあ、肌の上にゴチャゴチャと塗りたくったら、メイクはドロドロになりますよね゚゚(゚´Д`゚)゚

でも、オーロラUVミルクは1本で6役だから、ファンデーションの前はこれだけで完了します。

時短にもなるし、いろいろなアイテムを重ねないぶん化粧崩れもしにくくなって一石二鳥!

では、フィトリフトのオーロラUVミルクの特徴や商品の基本情報などを詳しく紹介していきますね。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの特徴

 

フィトリフトのオーロラUVミルクの特徴について詳しく調べたので紹介しますね。

 

特徴1・4色パール配合で大人の肌悩みをカバー!

オーロラUVミルクの特徴は、4色パール配合で、くすみ・色むら・影・血色感のなさなど大人の肌悩みを自然にカバーしてくれることです。

ミルクの色は、パープルとピンクを合わせたような色で、顔の角度を変えるたびにオーロラのように輝きますよ。

4色パール配合だから、顔を動かすたびにパールの光の視覚効果で、くすみや色むらがなかったように美肌に見えるんです。

最近って、しっかり作りこんだメイクよりも、光でくすみや影クマを飛ばすようなナチュラルメイクが流行ってますよね。

やっぱり、肌トラブルをしっかり隠そうとすると厚塗りになって、老けて見えて勿体無いですよね。

オーロラUVミルクは顔を動かすたびに、パールがキラキラと輝き、光の乱反射でお肌がもともと綺麗だったように見えるんですよ。

作りこんでないのに美肌に見えるって嬉しいですね!

黄ぐすみなど大人の肌悩みがある人はぜひ試してみてくださいね。

 

 

特徴2・無鉱物油、パラベンフリー、旧指定成分フリーで安心

オーロラUVミルクは、高い日焼け止め効果を持ちながら、肌に優しい無添加処方のUV下地です。

日焼け止めって、独特な香りがしたり、肌が乾燥してしまったり、ベタベタしたりするものが多くないですか?

でもオーロラUVミルクは瑞々しいテクスチャーだから、肌が乾燥したり、ベタつくこともなく、肌がしっとりします。

オーロラUVミルクは、ダマスクバラ花水が配合されているから、ほのかにバラの香りがしてリラックス効果もあります。

日焼け止めの独特な香りがないので、塗り直しするときも周りの目を気にする必要がないのは嬉しいポイント!

旧指定成分フリーだから、敏感肌の方も安心して使うことができますよ。

 

 

特徴3・国内最高のUVカット効果でシミやそばかすを予防!

フィトリフト オーロラUVミルクは、「SPF50+ PA+++」で国内最高のUVカット効果があります。

「SPF50+」って見慣れないですよね?「SPFって50が最高なんじゃないの?50+って何?」と思って調べてみました。

 

SPFとは「Sun Protection Factor」の略。日本語で紫外線防御効果を意味し、サンバーン(肌が赤くなる日やけ)の原因になる紫外線B波(UVB)を防ぐ指標として使われます。
数字が大きいほど紫外線B波(UVB)を防ぐ効果が高く、最大50+(SPFが51より大きい)と表示されます。(ROHTO)

 

「SPF50以上の場合はSPF50+」って表示するんですね。。。知らなかった(°д°)

SPFは、肌が火傷のように赤くなる原因となる紫外線B波を防ぐ指標なので、SPF値が高いほど紫外線をカットする時間が長くなるってことなんですね。

1日中外にいる日や、夏の暑い日などはSPF値が高い日焼け止めは安心ですね。

また、PAは紫外線A波を防ぐ効果の指標となっており、紫外線A波はシワやシミの発生に大きく関わるため、しっかりと防ぎたいところです。

PA+++なら、紫外線A波(UVA波)もしっかり防ぐことができるから、肌老化の心配もなくなりますね。

 

 

特徴4・紫外線吸収剤をカプセル化して肌負担を軽減!

フィトリフト オーロラUVミルクは、紫外線吸収剤をカプセル化しているから、肌に直接触れることがなく、肌への負担を軽減することができますよ。

紫外線吸収剤って何となく肌に負担がありそう。。。って心配している人も多いですよね。

敏感肌の方は紫外線吸収剤フリーのものを探している方も多いですしね。

 

\そもそも紫外線吸収剤とは/

・紫外線を吸収する化学物質のこと。紫外線を吸収すると肌の上で化学変化を起こすことで、紫外線の影響を和らげる。
・肌が敏感なときは、その化学変化が刺激になる場合も。
・代表的な成分は、パルソールA、桂皮酸など。(美的

 

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する化学物質のことなんですね。

紫外線吸収剤配合の日焼け止めは、紫外線を浴びると紫外線吸収剤が紫外線を吸収して、肌の上で化学変化を起こすことで、紫外線による肌ダメージを抑える働きがあります。

心配なのは、肌の上で化学変化をするときに、敏感肌やアレルギーのある方は刺激になってしまって肌トラブルを起こす可能性があること。

でも、フィトリフト オーロラUVミルクは、紫外線吸収剤をカプセルでコーティングしてるから、肌の上で直接的に化学反応を起こすことがないから、肌への負担を軽減することができます。

これなら、敏感肌やアレルギーの方も安心して使えますね。

 

 

特徴5・透明度が高く白浮きしにくい!

フィトリフト オーロラUVミルクは、透明度が高いから「日焼け止めはしっかり塗りたいのに白浮きするのはイヤ!」という方でも、白浮きの心配なく使うことができますよ。

日焼け止め下地って白浮きするものが多くないですか?

日焼け止めを塗って白浮きしている上に、さらにファンデーションやパウダーを重ねたり、余計に白浮きして大変なことになっちゃいますね。。。

オーロラUVミルクは、サラサラとした水っぽいテクスチャーだから、透明度が高いんです。

日焼け止めって、ジェルタイプやクリームタイプ、パウダータイプ、ミルクタイプなどさまざまなテクスチャーがありますが、中でもいちばんサラサラとしたテクスチャーはジェルタイプとミルクタイプです。

クリームタイプはテクスチャーが重くて硬いので、透明度が低く白浮きしやすいものが多いようです。

ナチュラルメイクが好きな方や、いかにも化粧しました!って感じが嫌な方は、オーロラUVミルクがおすすめです。

 

 

特徴6・東大名誉教授の研究から生まれたエイジングケア成分を配合!

 

フィトリフト オーロラUVミルク /一押し成分

 

フィトリフトのシリーズは全ての商品にフィト発酵エキスが配合されています。

フィト発酵エキスは、東大名誉教授の医学研究から開発された高機能エイジングケア成分です。

フィト発酵エキス=肌免疫LPSについて説明しますね。

 

LPSは、グラム陰性細菌の成分で、グラム陰性細菌の細胞壁の外側にぎっしりと埋め込まれた形で存在しています。糖と脂質が結合した構造をしているので、日本語では「糖脂質」あるいは「リポ多糖」と呼ばれ、英語では「リポポリサッカライド(Lipopolysaccharide)」、略してLPSと呼ばれます。(自然免疫応用技研株式会社

 

肌免疫LPSは、グラム陰性細菌の成分なんですね。

フィト発酵エキスは、肌免疫LPS(菌)により発酵されたエキスということですね。

肌免疫LPSは、肌のハリや弾力にも深く関わっているんですよ。

 

LPSは直接真皮に浸透することはありません。けれども、LPSの刺激を受けた表皮の細胞は、免疫活性化のシグナルを真皮に伝えます。細胞培養実験では、LPSで刺激したマクロファージの培養液を繊維芽細胞に加えると、繊維芽細胞の増殖が促進され、ヒアルロン酸やエラスチンの合成力が高まることが示されています。(スキンケアとLPS

 

フィトリフト オーロラUVミルクは、スキンケア成分を配合した日焼け止め下地ということですね。

UVカットをしながら、美肌効果もあるなんて嬉しいですね!

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの商品情報

 

フィトリフト オーロラUVミルク /商品の基本情報

 

メーカー 株式会社Jコンテンツ
ブランド名 PHITOLIFT(フィトリフト)
用途 日焼け対策 UVケア 日焼け止め ベースメイク 化粧下地 コンシーラー ハイライト
発売開始日 2019年7月1日
内容量 30ml
SPF SPF50+ PA+++
価格 4,800円(税込5,280円)

※合計金額5,000円以下の場合は送料550円かかります

使い方 基礎化粧品でお肌を整えた後に、適量(ワンプッシュ程度)を手のひらに取り、お肌にムラなくのばしてください。特にカバーしたい部分は、指の腹を使い、軽くたたくようにして重ねづけしてください。
使用上の注意点 ※衣服についた場合は、すぐにていねいに洗ってください。
※日焼け止め効果を発揮するためには十分な量を使用してください。
※タオルなどで拭いた後などは塗りなおしてください。
※本体はガラスですのでお取扱いにご注意ください。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /全成分について

 

シクロペンタシロキサン、酸化チタン、水、メトキシケイヒ酸エチルヘキシル、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、マイカ、BG、PEG-10ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、水酸化Al、イソステアリン酸、パントエアアグロメランス培養溶解質エキス(※1)、センチフォリアバラ花エキス(※2)、ダイズ種子エキス(※3)、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス(※4)、ハマメリス葉エキス(※5)、トリメチルシロキシケイ酸、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、硫酸Mg、ジメチコン、パルミチン酸エチルヘキシル、イソステアリン酸ポリグリセリル-2、ポリシリコーン-14、ジメチコンクロスポリマー、シリカ、エタノール、アルミナ、酸化スズ、ダマスクバラ花水、ダマスクバラ花油、フェノキシエタノール、酸化鉄、メチコン(フィトリフト公式サイト

 

 

フィトリフトの注目成分は?

 

フィトリフト オーロラUVミルクは、スキンケア成分を豊富に配合するUV化粧下地なので、UV予防をしながらスキンケアすることができます。

フィトリフトの全シリーズに配合されているフィト発酵エキスをはじめ、エイジングケアに欠かせない成分が豊富に含まれていますよ。

では、注目成分を詳しく見てみましょう。

 

フィトリフト オーロラUVミルク /フィト発酵エキスについて

オーロラUVミルクの注目成分・フィト発酵エキスって何?

「フィト発酵エキス」は、植物に共生する「パントエア菌」と、アレルゲンフリー穀物の「白たかきび」の発酵で生み出される植物性のエキスです。エイジングケアの実力は動物性プラセンタを上回るほど。みずみずしさを失いがちな年齢肌の水分をしっかりキープ。角質層の奥深くまで浸透し、持続的なハリを生み出します。(PHYTOLIFT

 

フィトリフトの全商品の特徴は、フィト発酵エキスが配合されていることです。

フィト発酵エキスは、フィトリフトの独自成分で東大名誉教授の研究により生み出された成分です。

全成分表示では「パントエアアグロメランス培養溶解質エキス(フィト発酵エキス)」と表示されています。

フィト発酵エキスは、プラセンタを上回る水分保持力の高い成分で、加齢により失われていく肌内部の水分をしっかりとキープすることができます。

肌内部の水分量が増えることで、肌はふっくらとし、キメが整いハリや弾力を取り戻すことができますよ!

シワやたるみに悩んでいる方には最適な成分ですね(´∀`)

オーロラUVエキスは、日焼け対策をしながらエイジングケアをすることもできる商品です。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /バラエキスとは

オーロラUVミルクの注目成分・バラエキスって何?

フィトリフト オーロラUVミルクには、バラエキスが配合されており、全成分表示は「センチフォリアバラ花エキス」です。

センチフォリアバラ花エキスは、セイヨウバラの花から抽出されるエキスで、とても香り高い成分です。

アロマテラピーでも用いられる成分で、リラックス効果が高いとされています。

また、活性酸素や紫外線による肌へのダメージを防ぐ働きがあり、乾燥や紫外線による肌のくすみに効果的です。

オーロラUVミルクは、紫外線ケアをしながら肌ダメージの予防をすることができるので、一石二鳥ですね(´∀`)

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /ダイズエキスとは

オーロラUVミルクの注目成分・ダイズエキスって何?

フィトリフト オーロラUVミルクに含まれるダイズエキスは、全成分表示では「ダイズ種子エキス」です。

ダイズ種子エキスは、ダイズの種子から抽出されるエキスで、イソフラボンを豊富に含む成分で知られています。

イソフラボンは女性ホルモンによく似た働きを持つ成分として知られていますよね。

イソフラボンには、コラーゲンの代謝活性促進によりアンチエイジング効果があるとされています。

また、セラミド合成促進により肌の水分量が増加し、保湿力アップや肌のバリア機能の改善が期待されます。

メラニンの合成を抑制することでシミやそばかすを予防する働きもあります。

オーロラUVミルクには、アンチエイジング効果の高い美容成分がたくさん含まれていますね。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /オトギリソウエキスとは

オーロラUVミルクの注目成分・オトギリソウエキスって何?

フィトリフト オーロラUVミルクに含まれているオトギリソウエキスは、全成分表示では「セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス」です。

オトギリソウエキスは、セイヨウオトギリソウの花・葉・茎から抽出されるエキスで、オーロラエキスには「毛穴ケア」を目的に配合されています。

年齢を重ねるとたるみ毛穴が気になりませんか??

オトギリソウエキスには収れん作用があるため、毛穴の開きによる皮脂分泌過剰や黒ずみなどを抑えることができます。

また、日焼け予防効果もあるためシミやそばかすの予防にも繋がりますね。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /ハマメリスエキスとは

オーロラUVミルクの注目成分・ハマメリスエキスって何?

フィトリフト オーロラUVミルクに配合されているハマメリスエキスは、全成分表示では「ハマメリス葉エキス」です。

ハマメリス葉エキスは、フラボノイドやタンニンなどのポリフェノールを豊富に含んでいます。

ポリフェノールは抗酸化作用が強く、年齢肌の悩みにアプローチします。

オーロラUVミルクには「毛穴ケア」の目的で配合されています。

ハマメリス葉エキスは、抗炎症作用・収れん作用があり、開いた毛穴を引き締め、黒ずみなどの炎症を抑えるのに効果的です。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /ダマスクバラ花水とは

オーロラUVミルクの注目成分・ダマスクバラ花水って何?

フィトリフト オーロラUVミルクに配合されるダマスクバラ花水は、ダマスクバラの香りやエキスが溶け込んだ蒸留成分から得られます。

とても高貴な香りがするダマスクバラは「香りの女王」と呼ばれており、クレオパトラや楊貴妃も使っていたと言われています。

日焼け止めの匂いが苦手・・・という方は多いですよね?なんとも言えない独特な香りがあります。

UVケアをしながらリラックス効果も得られるのは嬉しいですね。

また、ダマスクバラエキスはビタミンAやビタミンCを豊富に含んでおり、鎮静作用・抗不安作用・抗菌作用などもあり、肌の炎症や火照りなどを抑える働きも期待されます。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /良い口コミ・悪い口コミ

 

フィトリフト オーロラUVミルク の良い口コミ・悪い口コミを検証したので紹介します!

オーロラUVミルクは、発売開始日が2019年7月1日で新しい商品なので、@コスメやLIPSなどの口コミ数はまだまだ少ないですね。

Twitterやインスタグラム、ブログなどからも口コミを探しました。

まだ新しい商品なので、今後は評価が少し変わるかもしれませんね。

 

フィトリフト オーロラUVミルクの悪い口コミ・毛穴が悪目立ちする

 

肌に優しく日焼け止め効果も高そうでくすみも飛ばしてくれるって?

薄いピンク色のクリームで個人的にはポール&ジョーのラトゥーエクラよりもラメパール感を強く感じます。
私の肌が立派な毛”穴”とニキビ跡のクレーターと赤みがあるので相性悪めですね、、、
ラメやパールがあらゆる凹みに入り込んで凹凸感をしっかり強調してくれるので(T ^ T)
肌に赤みがなくて血色悪くて困ってる方や大穴すぎない毛穴の方ならカバー出来ていいのかもしれません?。
分かっていたことですが、汚肌過ぎてラメパールで肌を綺麗に見せる系は本当に悲しいくらい汚くなります…(@コスメ

 

 

オーロラUVミルクの前にポアプライマーを塗布するとgood

毛穴やニキビ跡などの凹凸のあるお肌だと、パールがあることで余計に悪目立ちすることがあるようです。

毛穴やニキビ跡がある方は、専用のポアプライマーなどで凹凸を埋めてから、化粧下地を塗ると凹凸が気にならなくなりますよ。

最近は、無添加のポアプライマーもあるので、毛穴を塞ぐことに不安があるかたも安心ですよ。

エトヴォスやナチュラグラッセなどのミネラルコスメのメーカーから次々とポアプライマーが発売されているので、毛穴を埋めてから試してみることをおすすめします。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの悪い口コミ・ニキビ跡が酷い人には向いてない

 

私はニキビ跡が酷くて、けっこう凹凸があるのが悩みです。

今までもいろいろな化粧下地を使ってきました。

いわゆるプラマーと呼ばれる化粧下地は数え切れないくらい使ってきました。

肌の凹凸って化粧品ではどうしても隠れないですね・・・。

パールが入ってるから、凹凸部分が余計に強調されちゃって目立つんですよね。

オーロラUVミルクは、大人の肌悩みをトータルにカバーするっている謳い文句に期待しましたが、結果は他のプライマーと大差はありません。

他のプライマーよりは赤みが抑えられるし、多少は化粧もちも良くなるかなと思います。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの悪い口コミ・色黒、日焼け肌だと白浮きする

 

私はもともと色黒なほうで、ピンクトーンの肌ではありません。

日焼けはしにくいほうだと思ってたけど、今年の夏は皮むけするほと焼けちゃって、まだ黒さが残っています。

もともとオークルのいちばん暗い色のファンデーションを使うくらいの肌のトーンなんだけど、オーロラUVミルクだと白浮きします!

今は日焼けしちゃって黒くなってるから白浮きするのか、色黒の人には向いていないのか分かりません。

他のUV化粧品に比べると、ミルクが水っぽくて透明感があるから、塗ってます感はないんだけど、トーンアップというか白浮きしてしまいます。

薄くのばしても、量を調整しても白浮きします。。。

もう少し日焼けあとが落ち着いてから再挑戦してみます!

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの良い口コミ・敏感肌でも使える優しい処方

 

気になるどんよりくすみを消してくれる優しい化粧下地です。無添加なので敏感肌でも刺激を感じずに使えました。パープルカラーが肌色を補整して、もとからお肌が綺麗な人のような仕上がり。UV防止効果も高いので安心。きちんも紫外線は防ぎつつ、マイルドな下地を探している方におすすめです。(@コスメ

 

フィトリフト オーロラUVミルクは、無鉱物油・ノンパラベン・旧表示指定成分フリーで、肌に優しい処方の日焼け対策ミルクです。

敏感肌やニキビ肌など、肌のバリア機能が低下している肌では、紫外線のダメージを受けやすいのでしっかりとUV対策はしたいですよね。

でも、SPFが高いものの中には肌への刺激が強いものも少なくありません。

敏感肌やニキビ肌の方は、シミやそばかすが生成されやすいので、無添加処方のオーロラUVミルクがおすすめですよ。

オーロラUVミルクは、抗炎症成分や抗菌作用のある成分、抗酸化作用のある成分が配合されているから、炎症のある肌や敏感な肌でも安心して使うことができますよ。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの良い口コミ・ピンクベースで大人かわいい印象に!

 

オーロラUVミルクは、ラベンダーっぽい色のミルクだから、イエローベースの私でも塗るとビンクを帯びたかわいらしい肌になれます!

やっぱり、お肌にピンクを仕込むと女性らしい柔らかい印象になる気がします。

メイクアップアーティストのイガリシノブさんは、ピンクベースで肌を整えると良いっておすすめしてますよね。

私は肌が黄ぐすみしちゃって、特に夕方以降はくすみがひどいんだけど、オーロラUVミルクを塗った日はくすみが気になりません。

このミルクを使ってから、化粧下地って大事だなと実感しました。

カラーコントロール効果が高いのが気に入っているポイントだけど、それでいてSPF50+ PA+++で日焼け対策もバッチリなのもお気に入りの理由です!

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの良い口コミ・ハイライトがなくても立体的な小顔になる

 

オーロラUVミルクのすごいところは、ハイライトやコンシーラーがなくても顔が立体的になることです!

いつもは、コンシーラーやハイライトを後から足すんだけど、オーロラUVミルクは1本で6役だから必要なし!

コンシーラーやハイライトを後から足すと、何となく白浮きしたり、塗ってます感が強くなっちゃうけど、オーロラUVミルクならこれ1本塗るだけだから自然に馴染みます。

アラフォー以降は、たるみやシワで顔がぼやけてきたので、普段はコンシーラーやハイライトをしっかりと入れています。

今は、オーロラUVミルクだけでハイライトを塗っているよりも自然に立体感が出せるので、これ1本しか使っていません。

UV対策というよりも、ハイライト効果や色補正効果が気に入っています!

 

 

フィトリフト オーロラUVミルク /1本で6つの役割のUV下地

 

フィトリフト オーロラUVミルク は、1本で6つの役割を持つオールインワンUV下地です。

フィトリフトシリーズには、「エイジングケアシリーズ」と「オールインワンシリーズ」があります。

いちばん有名なフィトリフト美容ジェルクリームも、化粧水や乳液などの機能が1つになったオールインワンシリーズの商品です。

フィトリフト オーロラUVミルクも、6つの機能が1つになったオールインワンシリーズの商品ですよ。

フィトリフトのオールインワンシリーズは「オールインワンジェル」「オーロラUVミルク」「オールインワンヴェール(美容液ファンデーション)」「ホットクレンジングジェル(メイク落とし+洗顔)」などがあります。

 

関連記事:フィトリフト 口コミ /効果はどう?オールインワンジェルフィトリフトの口コミ ではフィトリフト美容ジェルクリームの良い口コミ・悪い口コミを検証したリアルなレビューを紹介しています。

 

1つで多機能なものって、時短やコストダウンの面でも優れていますよね(´∀`)

では、フィトリフト オーロラUVミルクの6つの機能についてまとめて紹介しますね。

 

 

H3:フィトリフト オーロラUVミルクの役割・高い紫外線防御効果

 

オーロラUVミルク は日焼け止め化粧下地で、高い紫外線防御効果があります。

SPF50+ PA+++は、国内最高基準のUVカット効果ですよ。

SPFは高ければ良いのではなく、生活習慣に合わせて選んだ方が良いと最近では言われていますよね。

でもそれは、SPFが高い商品は、肌への負担が大きいものが多いからなんですよね。

フィトリフト オーロラUVミルクは、SPF値は高くても肌に優しい処方だから、敏感肌やニキビ肌の人でも安心して使うことができますよ。

冬など紫外線が少ない時期はSPF値が低いものを希望している方も、無添加処方のオーロラUVミルクなら安心かなと思います(´∀`)

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの役割・スキンケア効果

 

フィトリフト オーロラUVミルクには、フィトリフト独自成分の「フィト発酵エキス」が配合されています。

この成分は、肌の内部にある免疫細胞を活性化する働きがあり、肌が自ら綺麗になろうとする働きをサポートします。

年齢とともに増える肌悩みも、肌が自ら綺麗になる力を持っていれば怖くないですよね。

フィト発酵エキスは究極のアンチエイジング成分と言えそうですね。

オーロラUVミルクは日焼け止め特有のキシキシと乾燥する感じがないのは、アミノ酸系の保湿成分をたっぷり配合しているからです。

また、収れん効果の高い成分も配合しているので、毛穴の開きが気になる方にもおすすめですよ。

UV対策をしながら美肌ケアを同時にできる、オーロラUVミルクは年齢を重ねたお肌に特におすすめです。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの役割・化粧崩れ防止効果

 

フィトリフト オーロラUVミルクには、化粧崩れを予防する効果のある成分が含まれています。

収れん作用のあるオトギリソウエキスやハマメリスエキスは、毛穴を引き締めることで過剰な皮脂によるメイク崩れを予防します。

また、トリメチルシロキシケイ酸(シリコーン)も、化粧もちをアップする成分です。

トリメチルシロキシケイ酸は皮膜形成の働きがあり、皮膚に1枚膜をはったような仕上がりになるため、肌内部の水分の蒸発を防ぎ潤いのある肌をキープします。

そのため、乾燥による化粧崩れを予防することができます。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの役割・くすみ防止&血色感UP効果

 

フィトリフト オーロラUVミルクはパープルとピンクを混ぜたような、薄いラベンダーのようなカラーのミルクです。

コントロールカラーの役割があり、1本でくすみ改善や血色感UPができます!

パープルは特に黄ぐすみに効果的です。

夕方の顔のくすみには、メイクの上からオーロラUVミルクを塗布して、その上からファンデーションやパウダーを重ねると、メイクしたてのお肌になれますよ。

目元のクマや、ほうれい線やシワの影などもカラーコントロールの力でなかったことに。

色補正をするだけで垢抜けた印象になって美人度がアップしますよ。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの役割・ハイライト効果

 

フィトリフト オーロラUVミルクは、4色のパールを配合しているから顔を動かすたびにパールが煌き、ハイライト効果があります。

4色のパールが多彩な輝きを放つので、Tゾーンや顎先など高く見せたいところに重ねづけをすると、簡単に立体顔を作ることができます。

立体顔を作ると顔の余白が少なくなるので小顔効果もあるんですよ。

 

 

フィトリフト オーロラUVミルクの役割・レフ板効果

 

レフ板は、光の反射でお肌を綺麗に見せるもので、よく女優さんが使われているイメージですね。

首やデコルテにオーロラUVミルクを塗布すると、光の反射で顔色が明るく見えます。

ニキビ跡や毛穴の開きがありパール入りの化粧下地は苦手・・・という方は、レフ板効果のあるデコルテや首への塗布がおすすめです。

鎖骨部分に塗布すると鎖骨が浮き出て見えるので、華奢な女性を演出できますよ。

 

 

 

購入ははこちらから

 

タイトルとURLをコピーしました